2013年12月アーカイブ

銀行系カードローンには、「銀行によるカードローン」と「銀行の傘下の業者によるカードローン」の2種類があります。
そして、この2種類のカードローンについて、審査通過のためのポイントは異なります。

<銀行カードローンの審査のポイント>

銀行カードローンで人気が高いものとして、
 ・新生銀行レイク
 ・三菱東京UFJ銀行バンクイック
 ・オリックス銀行カードローン
などがあります。

共通して言えることは、
 ・利用条件を満たしているか?
 ・延滞などの情報は大丈夫か?
に注意することです。

とくに「収入があること」を条件にしているにもかかわらず、専業主婦や失業されている方が申し込んでしまうと、審査に通過できないことになります。
本人に収入がない場合は、三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどに申し込む必要があります。

<銀行傘下の貸金業者の場合>

次に、銀行傘下にある貸金業者のカードローンの場合、
 ・総量規制の収入要件は大丈夫か?
 ・使っていないクレジットカードは解約したか?
などが重要になります。

まず、同じ銀行系のカードローンであっても、貸金業者の場合は、貸金業法による規制を受けることになります。
とくに、年収の3分の1までしか借りられないという、総量規制がありますので、希望する金額を多くしすぎないよう、注意してください。

また、できるだけ多くの枠が欲しいのであれば、現在、使っていないクレジットカードやローンカードは解約してしまう方が安心でしょう。

プロミスやアコムといった銀行系カードローンは、利便性が高く、大変人気があります。
しかし、申込み要件を満たしていなかったり、総量規制の年収制限を超えてしまうような場合は、審査に落ちてしまうこともあります。


銀行カードローン、貸金業者のカードローンに共通して言えることですが、最初は少ない利用限度枠から始め、徐々に増枠にチャレンジするといいでしょう。
まずは、自分に合った業者を見つけるため、公式サイトの情報を確認してみることから始めてみてください。

次のステップに進んだら気になるのはこれですね ⇒ お金はいくらまで借りられる?

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。